ユースホステルを使った旅行のための宿泊案内・トップ  リンク集
ホーム YH詳細 観光地別に紹介 施設別に紹介 環境別に紹介 イベント その他
北海道・北 北海道・南 東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州

層雲峡ユースホステル

〒078-1701北海道上川郡上川町層雲峡
tel01658-5-3418
fax01658-5-3186
http://www.youthhostel.or.jp/sounkyo/jp/index.html
収容人数/75人

北海道の屋根・大雪山の麗にあり、黒岳はもちろん大雪山系の登山や観光の拠点です。約20km続く柱状節理の断崖絶壁や数々の滝の美しさをぜひご覧下さい。日本一早い紅葉の名所。9月中旬頃大雪山系が紅に染まり日を追う毎に麗へおりてきます。6月高山植物が咲き始め、7・8月にはこまくさなどの高山植物のお花畑が広がり高山蝶やクマゲラなどの稀少な野生動物を見る事ができます。

アクセス
JR石北本線上川駅よりバス層雲峡行35分、層雲峡バスセンター下車。徒歩7分。車は旭川-上川-層雲峡90分。

公式サイトより

http://www.youthhostel.or.jp/sounkyo/jp/index.html
層雲峡ユースホステルは北海道の屋根、大雪山の黒岳登山口に一番近いユースホステルです。大雪山連峰の黒岳へはロープウェイとリフトで7合目へ、そこから歩いて1時間で頂上へ。山頂からは大雪山連峰の雄大な景色が続きます。 7〜8月は、高山植物のお花畑がおすすめ、9月は日本一早い紅葉がここから始まります。色とりどりの大雪山を満喫してください

3〜6名様用の和室です。

男女別相部屋タイプのお部屋です。

層雲峡のご紹介

層雲峡温泉街

多くのホテルで日帰り入浴が可能です。ここでは当ユースホステルで割引券をお出ししている2か所をご紹介します。

層雲峡ビジターセンター

層雲峡や大雪山の情報はこちらで。情報が充実しています。層雲峡ユースホステルから徒歩5分。(リンク: 層雲峡ビジターセンター)

流星の滝・銀河の滝

双瀑台 駐車場からは2つの滝を別々にしか見られませんが、双瀑台からなら両方をいっしょに見ることができます。流星の滝(向かって右)・銀河の滝(向かって左) の下の駐車場までは温泉街から車で5分または徒歩60分、さらに双瀑台までは駐車場の脇の入り口から徒歩15分(ほぼ中間点にも展望スペースあり)です。天気がよければ流星の滝の上に黒岳も見えます。(概略図: 層雲峡パノラマ台・双瀑台)

大函

大函 柱状節理の箱庭が見どころです。層雲峡温泉から7km、車で15分。 新大函トンネルを抜けたところに駐車場への入り口があります。

紅葉谷

当ユースホステルから紅葉滝まで徒歩25分、層雲峡から歩いて行けるおすすめ散策コース。名前の通り紅葉もきれいです。柱状節理もご覧になれます。

層雲峡氷瀑まつり

冬期(1月下旬から3月まで)開催。層雲峡温泉街・石狩川河川敷が会場。夜には照明で氷柱などが神秘的に。土曜日・日曜日には花火も打ち上げられます。

大雪山のご紹介

 層雲峡温泉は日本有数の山岳自然公園、大雪山の表玄関にあたります。 他では見ることの出来ない北国の雄大な山岳風景を求めて多くの方が訪れます。 一方で、入山者の増加による植生の変化やごみの放置などの弊害も出てきていますが、自然にダメージを与えない範囲で山歩きを楽しむことも十分可能です。ぜひ一度、大雪山の雄大な景色に触れてみてください。 7月は可憐な高山植物の競演、 9月は日本一早い紅葉を楽しむことが出来ます。 層雲峡を起点に4時間から10時間とさまざまなコースがあります。 自分の体力や滞在日数に合わせて歩いてください。

初夏の高山植物

大雪山の初夏は7月です。夏の日差しを受けて雪解けが進むと次々と高山植物が咲き始めます。雪解け直後の湿潤な場所を好む花、強風のために冬ですら雪の積もらない荒涼とした場所にけなげな姿を見せる花、岩陰にひっそりと咲く花、大雪山には大雪山でしか観ることの出来ない花も含めて、数えることも出来ないほどの花々が咲き誇ります。ある時期、心無い方々の盗掘で極端に花の減ったこともありましたが、多くの人の努力で次第に回復してきました。今も、そして将来も大雪山の変わらぬ姿を楽しみたいものです。とるのは写真だけ、残すのは足跡だけ、そして持ち込んだものは必ず持ち帰る。 将来も自然を楽しむ近道です。

秋の紅葉

大雪山がもっとも華やかな姿を見せてくれるのは9月です。それまでの1年間が凝縮しているといってもいいかもしれません。日本一早い紅葉は9月の上旬から始まり、 10月初旬には山上は一面の銀世界となります。この時期には層雲峡ユースホステルなどを拠点にして多くの方が山歩きを楽しみます。

ところで大雪山の秋は冬と隣り合わせです。 9月中旬に初雪が降ることも珍しくありません。山を目指すのであればたとえ数時間のコースでも防寒の役に立つ服装が必要です。もし9月の北海道を訪れることがありましたら、是非層雲峡を拠点に大雪山の日本一早い紅葉もご覧ください。 また、10月には紅葉は山から里に下りてきます。層雲峡の滝や峡谷の紅葉は10月中旬が見頃です。やはりこの時期は冬間近の寒い日が続きます。なるべく温かい服装でお越しください。

層雲峡を起点とした登山・ハイキングコース

黒岳往復(1,984mの黒岳山頂へ・4時間前後)

層雲峡からロープウェイ利用。歩行時間約2時間。花は7月上旬、紅葉は9月上旬が見頃です。 (ご参考: りんゆう観光 > 黒岳往復コース)

お鉢平一周(表大雪の山々を眺めながら中央火口をぐるっと一周)

 層雲峡からロープウェイ利用。歩行時間約8時間。初めて大雪山を訪れる方にお勧めです。

黒岳〜旭岳縦走(北海道の最高峰へのコース)

層雲峡からロープウェイ利用。歩行時間約8時間。旭岳温泉には大雪山白樺荘ユースホステルがあり、温泉もあります。 (ご参考: りんゆう観光 >黒岳〜旭岳縦走コース)

赤岳往復(花の種類は大雪一)

ユースホステル前から銀泉台行きバスを利用。歩行時間約5時間。大雪の中でも花を楽しめるコースです。9月中旬の紅葉もおすすめ。

赤岳〜黒岳縦走(お花と景色の本格コース)

バスとロープウェイ利用。歩行時間約7時間。1日がかりの縦走コースです。1日で大雪山の白眉を堪能。 (ご参考: りんゆう観光 > 黒岳〜赤岳縦走コース)

高原温泉沼めぐりコース(知る人ぞ知る紅葉の名所)

層雲峡から車またはタクシー利用で1時間、そこから歩行時間約4時間。9月中旬の沼に映る紅葉は絶品です。紅葉を見ながらの温泉も格別。ただし熊出没の状況によってはコースが閉鎖されることもあります。
ホーム YH詳細 観光地別に紹介 施設別に紹介 環境別に紹介 イベント別に紹介
北海道・北 北海道・南 東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
このサイトは、契約ユースホステル(YH)連絡協議会が製作しています。全国のユースホステルの宿主(マネージャー)から御客様への情報発信サイトです。入会などのユースホステル事業全般の業務については、日本ユースホステル協会の公式サイトを御覧ください。

ユースホステルの旅組織概要お問い合せユースホステル検索
相互リンク北海道のYH東北・関東のYH中部・近畿のYH西日本のYHYH関連サイトサイトマップ

公式フェイスブック Ex.Trip Japan
Ex.Trip北海道Ex.Trip東北Ex.Trip関東Ex.Trip北信越Ex.Trip東海Ex.Trip近畿Ex.Trip中国・四国Ex.Trip九州・沖縄