ユースホステルを使った旅行のための宿泊案内・トップ  リンク集
ホーム YH詳細 観光地別に紹介 施設別に紹介 環境別に紹介 イベント その他
北海道・北 北海道・南 東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州

角米沢屋旅館ユースホステル

〒959-2511 新潟県新発田市大字菅谷863
tel 0254-29-2008
fax 0254-29-2200
収容人数 / 15人

日本三大不動尊菅谷寺門前で明治より営業。背後に日本一小さい櫛形山脈があり、大峰山の桜は天然記念物。海水浴場まで30分、スキー場は20分、白鳥で有名な瓢湖までは車で40分くらいです。

アクセス
JR羽越本線新発田駅からバスで菅谷線40分、菅谷下車。徒歩1分。

菅谷寺


源頼朝の叔父君護念上人(源慈応)の創建。

 本尊の不動明王は毘首羯磨(びしゅかつま)の作と云われ、最澄(天台宗開祖伝教大師)が唐から請来し、比叡山無動寺に祀られていた、三国伝来の不動明王。鎌倉時代に至り、比叡山で修行中の護念上人が、平家の圧力から比叡山を下りる際、日頃より帰依していた不動明王の「御頭」のみを笈に納め、諸国を巡錫したのち、文治元年(1185年)に仏縁有って菅谷に一宇を建立したのが寺の開山。
「東鑑」には建久6年(1195年)加治城主佐々木盛綱の報告により鎌倉にて上人は頼朝と対面し、その際祈祷により頼朝の大姫の病を本復させ、頼朝を大いに喜ばせた事が記載されている。その後落雷により伽藍は消失したが、みたらせの滝にてタニシが身を挺して本尊をお守りし無事であったと伝えられる。以来800年、霊場として全国より信仰を聚めている。 『吾妻鏡』建久6年(1195年)10月11日条には、鎌倉を訪れた護念が源頼朝と面会したとの記事がある。同条に護念が「越後国加地庄菅谷山」に伽藍を建立したことが記されており、これが現在の菅谷寺に当たると考えられることから、当寺が鎌倉時代のごく初期に護念によって創建されたことは史実であると思われる。

本尊の不動明王像は伝承によれば毘首羯摩(びしゅかつま)の作であり、最澄(伝教大師、日本天台宗開祖)唐が請来し、桓武天皇の命を受け比叡山に祀られていた三国伝来のものであるという。毘首羯摩は帝釈天の弟子とされる伝説上の人物であり、仏師の祖ともされることから、「毘首羯摩の作」と伝承される仏像は各地に多い。

ホーム YH詳細 観光地別に紹介 施設別に紹介 環境別に紹介 イベント その他
北海道・北 北海道・南 東北 関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
このサイトは、契約ユースホステル(YH)連絡協議会が製作しています。全国のユースホステルの宿主(マネージャー)から御客様への情報発信サイトです。入会などのユースホステル事業全般の業務については、日本ユースホステル協会の公式サイトを御覧ください。

ユースホステルの旅組織概要お問い合せユースホステル検索
相互リンク北海道のYH東北・関東のYH中部・近畿のYH西日本のYHYH関連サイトサイトマップ

公式フェイスブック Ex.Trip Japan
Ex.Trip北海道Ex.Trip東北Ex.Trip関東Ex.Trip北信越Ex.Trip東海Ex.Trip近畿Ex.Trip中国・四国Ex.Trip九州・沖縄